読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともの家から

広島県の東部に住む社会人の日常

ゆかりのある場所

愛知県半田市に生まれ、大学入学と同時に広島県福山市に移住し、大学三年時に同じく福山市の観光地として有名な鞆の浦で一軒家を借り、現在、社会人をしています。

 

 

自分にゆかりのある半田市福山市について少し解説

半田市 人口約11万人 面積約50㎢ 人口は東京都小金井市奈良県生駒市と同じくらい、面積はバミューダトライアングルでおなじみのバミューダ諸島と同じくらいの規模です。

愛知県の知多半島に位置し、中部国際空港のある常滑市が隣接し、日本の三大都市である名古屋市まで30分くらいで行くことができる町です。

酢の最大手ミツカン酢の本社があり、台所に行けばほとんどの人が半田市の名を確認することができます。

また、小学生のときに国語の授業で扱った方も多いと思う【ごんぎつね】の作者である新美南吉の出身地であり、彼の作品の主要な舞台となっています。

f:id:itsw19155:20160718024440j:plain

 

続いて福山市 人口約46万人 面積約518㎢

人口は近隣の岡山県倉敷市と同じくらい、面積はグアムと同じくらいの規模となっています。

広島県東部に位置し、広島県広島市に次ぐ第二の都市という位置づけの街です。また、2016年に市制100周年を迎えました。

JFEスチール西日本製鉄所があり、国内のみならず、世界的に見ても鉄鋼業が有力なことが知られています。

一方、現在住んでいる鞆の浦は古くからの街並み、瀬戸内海の自然が味わえる観光地として有名で、崖の上のポニョなど多くの映像作品の舞台として注目をされています。

 

f:id:itsw19155:20160718024751j:plain

二つの街の紹介をざっとして、自分にゆかりのある街でも、客観的に情報を伝えることは難しいね。

もっと、地域に対して積極的に情報を取りにいかないとただ単にその場所にいるだけになってしまいそう。

せっかく住んでいる場所だから、自分から住んでいる場所を知れるようにアクションを起こしていこうと思いますね。

 

今回はさわりだけだったけど、もっと詳しい記事が書けるように情報を集めて行こうと思います